NHK歴史秘話ヒストリアラーメン史は日本の激変期に紡がれて

NHK総合テレビで放送されている歴史秘話ヒストリアで、ラーメンが取り上げられました。

波乱万丈!ラーメンと日本人震災革命復興激動のドラマ普段テレビは見ないんですけど、ラーメン史をテーマにした番組は珍しいので、観てみました。

この番組は、歴史のエポックを再現ドラマや証言を交えて構成されています。再現ドラマは3パートあります。

エピソード1革命とラーメン

ロシア革命から逃れてきた中華料理職人王文彩が、辛亥革命後の中華民国の留学生達に麺料理を提供してきた竹家食堂。ラーメンという言葉が生まれたエピソードは諸説ありますが、日本人の言葉として生まれた竹家食堂説をメインに紹介してくれたことが嬉しかったです。

竹家食堂ものがたり北のラーメン誕生秘話

Amazon

当時の日本人の中国人に対する蔑視感を画面で表現しつつ、隣人との友好を食で築こうとした大久タツさんの発案を、再現ドラマで丁寧に描いていたと思います。

にっぽんラーメン物語(講談社プラスアルファ文庫)

Amazon

ただ、当時使われていた支那そば中華そばという言葉は慎重に避けられていて、それらの言葉がラーメンに取って代わっていった流れは今回は出てきませんでした。北海道以外では、ラーメンと呼ばれるようになったのはチキンラーメンがきっかけなので、その辺は、NHKさんの朝ドラまんぷくでやっていただけれるのかもしれません(笑)。

エピソード2震災とラーメン

一方で、東京では醤油ラーメンが誕生。様な文学者の作品の中にも残る、浅草への憧憬が記録が次と紹介されています。関東大震災後、ラーメン屋台が東京市から推奨され、東京のみならず地方のラーメンにも影響を与えていった歴史が紹介されています。

夜食の文化誌(青弓社ライブラリー)1728円

Amazon

そういえば、NHKの公式サイトの写真、エピソード1と入れ違いになってますよね。

文化麺類学ラーメン篇25414円

Amazon

エピソード3戦後復興とラーメン

戦後の食糧不足の折、小麦粉がGHQを通じてアメリカから大量に輸入された話は、ジョージソルト氏のラーメンの語られざる歴史で紹介されています。この著書で紹介されていた、米秘密文書が紹介されていて、ジョージソルト氏も番組でコメントしています。

ラーメンの語られざる歴史2376円

Amazon

再現ドラマでは、春木屋荻窪の創業者、今村五男氏が登場し、彼が荻窪闇市で見つけた小麦粉がどこから来たのか、を主題に語られています。個人的には、小麦粉が輸入された後、何故ラーメンに流れたかをフォーカスしてほしいとも思いましたが、その辺は今後自分がまとめるべき課題だと思っています。

すでに本放送と再放送が終わっていますが、NHKオンデマンドでも見られるようなので、環境のある方は観てみてください。